めげない 懲りない 省みない 最強のおバカブログ。46歳、85kgのダメオヤジがバイクレース~?人は私をジャンクマンと呼ぶ。

カウンター 

 

カレンダー 

07 | 2007/08 | 09
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
 

プロフィール 

NAKA

Author:NAKA
「触った物を全てジャンクに変えてしまう」と言う困った特技を持っています。

 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
--/--/-- --:--|スポンサー広告
走行後、ネジ等が無いと大概たのやんが見つけてくれます。
で、何も言わなくても各部増し締めをしてくれます。
おかげで私は楽させてもらってます。

で、また見つけてくれました。
フロントブレーキのパッドピンがありません。
もう1本も緩んでました。ガクガクブルブル。
結構な量のスペアパーツは持って行っているのですが、これはありませんでした。
仕方ないので普通のボルトで固定・・・何とか使えそうです。

さて私の走行です。目標は10秒。
x-P1020856.jpg
1周目は15秒。おおっ~いきなり12秒アップか~
よしよし、さすが2馬力UPは伊達じゃない。と気合を入れるも・・・
中々タイムが伸びない。
クリアシールドなので、コーナーによっては夕日が飛び込んできて眩しいです。
コースの殆どを伏せながら走る鈴鹿では、大柄な私にはポジションがキツく、
伏せながら前を見ようとするのだが、メガネがずれて前が見えない。
ストレートの度にシールドを開け、下にずれたメガネを直し、ヘルメットのあごを持ち上げる。
結局、タイムは伸びず14秒止まり。
電光掲示板で残り1分を確認し、ラストチャンスのタイムアタック。
スプーンを立ち上がり5速にシフトアップ。
上り坂になり、「んっ、いつもより回転が高い。4速だったのか?」
と、思った瞬間、突然のシフトダウン。
エンジンがギュィ~ンと悲鳴を上げた。
慌ててクラッチを握ると・・・そのままエンジンから音が消えた。
終わった。
そのまま惰性でピットに戻って来たかったが、
左側を走っていたので、右側に進路変更するのは危険と判断。
130Rのイン側でマシンを止め、レッカーを待つ事にしました。

最後の最後にエンジンブロー。
やっぱり、こうなる運命だったのでしょうか?
誰だ!そこで笑ってる奴は?

x-P1020885.jpg
鈴鹿の夜空には、綺麗な花火が・・・・

みんなでクワガーデンに行き、破天荒で食事して、鈴鹿をあとに・・・
京都に到着したのは12時過ぎでした。 
スポンサーサイト
2007/08/15 22:20|バイクTB:0CM:9
ピットに居ると妖怪さん、ばにばにさん、阿倍野のおやじさん、
エロキングさんが来てくれました。
去年みたいにドタバタでまったく余裕が無いのと違い、
今年は皆さんとお話出来る、ゆとりがあります。

さて3本目の走行です。
x-xP1020792.jpg
たのやんは1周目から自己ベストの13秒で帰ってくるも・・・
あまりタイムが伸びず3分12秒。
それでも鈴鹿2回目と言う事を考えれば立派なものです。
後ろのゼッケン13番は急遽エントリーする事になったエロキングさん。
うちのマシンをストレートで軽く抜かして行きました。
ベストは2分57秒だとか・・・
さすがGP-mono全日本ライダーです。

x-xP1020819.jpg
サンペイちゃんです。
先ほどより、更にタイムを伸ばし3分5秒
いやぁ~素晴らしい。私のチューナーのしての才能は・・・
いや、サンペイちゃんも素晴らしいです。
それに比べて、エースライダーのつっちゃんは・・・・トホホホッですなぁ
本人は落ち込んでいたようですが・・・

で、スプロケですが・・・
2人とも、絶対こっちだ~と決められないような感じです。
まぁ私的には、みんながどちらでも同じタイムが出るなら
ショートの方が良いです。
ロングだと上りが、更にきつくなりそうですから・・・ 
2007/08/15 16:33|バイクTB:0CM:2
今回、妻が仕事なので子供3人を連れて来たわけですが、
1日ピットで待たしておくのは・・・あまりにも可愛そうです。
なので事前につっちゃんにお願いして、
彼女にプールに連れて行って貰うようにお願いしました。
x-R0017489.jpg
仮眠をとらせていた子供達を起こし、
カップラーメンやパンを食べさせ、一緒にプールへ送って行きます。
彼女には本当に悪いなぁと思いながら、感謝感謝で甘えさせてもらいます。
x-R0017495.jpg
しかし、暑い。
私もプールに浸かって行きたいです。
しかしマシンに何かあった時、部品の場所とかは私しか知らないですし・・・
ほったらかしにする事は出来ません。
すぐにピットに戻ります。

2本目はつっちゃんが走ります。
つっちゃんがピットを出て行こうとした時、
たのやんが「マフラーのステーが外れてる~」と・・・・
ネジが無くなってました。
ネジを取り付け送り出します。
しかし、走行する度に何かを落としてきますね~。
何か良い方法はないのでしょうか?
x-xP1020747.jpg
予選を走るつっちゃんにはタイムを出してもらわなければ困ります。
決勝レースを走れるかどうかは、全てつっちゃんに掛かっているのですから。
しかし、タイムはサンペイちゃんと同じ3分8秒。
スプロケを換えたのが悪かったのでしょうか?
確認の為、次のサンペイちゃんとたのやんの走行は同じ18-36で走ってもらいます。 
2007/08/15 14:30|バイクTB:0CM:0
さて、いよいよ私達Bグループの走行時間です。
前回の練習より、2馬力程パワーが上がっているので、
スプロケを17丁→18丁に変更。
これで最高速は8km/hアップのはず・・・・エンジンが前回同様に回ればですが・・・
スプロケが合っているか確認する為に
最初の走行はサンペイちゃんとたのやんに乗ってもらい問題ないか確認後、
2本目にエースライダー(予選ライダー)のつっちゃんにタイムアタックしてもらいます。
3本目は再びたのやんとサンペイちゃんに乗ってもらいます。
そして少し涼しくなってから4本目に私が走ります。
私以外の3人の体重が60kg前後なので、3人に合うセッティングを決めます。

最初はサンペイちゃんからです。
前回の練習にはこなかったので、このマシンに乗るのは初めてです。
しかし去年も一昨年もミニモトに出場しているベテランライダー。
x-xP1020682.jpg
なんと、1周目でいきなり3分10秒で帰ってきて
ベストは3分8秒。
x-R0017482.jpg
本人は「まだ縮まる」と力強い発言。
x-xP1020711.jpg
続いてたのやんも1周目19秒で帰ってきて
ベストは前回の27秒から13秒へ大幅アップ。

ストレートで見ていると160km/hぐらい出ているんじゃないかと言うマシンから、
110km/hぐらいしか出てないんじゃないのと言うマシンまで、
えらく速度差があるように感じました。
うちのマシンは140km/h+αでしょうか。
トップチームは17psぐらい出てそうな感じです。

スプロケは微妙にロングなような感じと言う事でリアを35丁→36丁に変更します。
相変わらず何処かのネジが緩んでいます。
カウルのネジもガムテープを貼っているにも関わらず、飛び出してきています。
今回はリアアクスルのアジャストスクリューが無くなってました。
ガソリンもオーバーフローして、ガソリンキャッチタンクに1/3ぐらい溜まります。
振動のせいでしょうか?油面が高過ぎるのでしょうか?

まあしかし、エンジンは上々のようで、
まさにゴットハンド炸裂と言った感じですね~(自画自賛)
え~誰も褒めてくれないので、自分で褒めます。

同じピットのテクニカさん所は先のAグループで走行し、
1台のミッションから異音がすると、レッカーで帰ってきました。
x-xP1020702.jpg
金持ちチームなので、スペアマシンからエンジンを積み替えています。
しかし、鈴鹿に来てまでドタバタとエンジン載せ換えはしたくないですよね~
「大変ですね~」と声を掛けると
「こんなもんタイヤ交換するのと変わらへん」と・・・負けん気の強い返答が・・・・
6速ミッションは大丈夫だったのでしょうか? 
2007/08/15 11:50|バイクTB:0CM:0
夜10時頃から工場へ向かい、
前回タンクのネジが飛んでいったので、穴を開けてβピンで止めれる様にしたり、
ゼッケンを貼ったりとちょこちょこと整備し、
マシンと荷物を積み込んで、2時ごろ一旦帰宅。

シャワーを浴びて、子供達を起こし車に乗せ、工場でたのやんと待ち合わせをして、
3時半過ぎ、鈴鹿に向け出発。
指定駐車場で停める所が決まっているので、あまり早く行っても暇を持余すので、
今回はゆっくりと出発です。
5時半前に到着。
同じピットのテクニカさん達は既に到着していて、マシンもピットに搬入済み。
私達もピットに車を横付けして、マシンや荷物を搬入。
程なくしてサンペイちゃんも到着。
つっちゃんも先に到着して寝ていたらしく、ピットにやってきた。

スプロケを交換したり、MJを交換したり、タイヤの空気圧を測ったりと
走行の準備を進めます。
しかし、あまりする事もなく、パンを食べたり、ジュースを飲んだりと
イスに座ってのんびりと過ごします。
受付を済ませた後、私は車で少し仮眠を・・・
子供達にも「寝ろ」と言って寝かしつけます。

ブリーフィングが始まる前に起こされ、みんなとブリーフィングへ
終わってピットに戻ってくると、既にAグループの走行は始まっていました。
x-xP1020668.jpg
私達のマシンの整備も終え、あとは走行時間が来るのを待つだけです。
 
2007/08/15 10:28|バイクTB:0CM:0

カウントダウン! 

 

ブログランキング 

ランキングにエントリー中。 現在の順位は?

人気blogランキングへ・・・・・にほんブログ村 バイクブログ バイク モータースポーツへ 

携帯からも見れます 

QRcode.png
 

↑QRコードを携帯で読み込んで、アクセスして下さい。

ブログ内検索 

 

Copyright(C) 2007All Rights Reserved.

Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。