めげない 懲りない 省みない 最強のおバカブログ。46歳、85kgのダメオヤジがバイクレース~?人は私をジャンクマンと呼ぶ。

カウンター 

 

カレンダー 

05 | 2007/06 | 07
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
 

プロフィール 

NAKA

Author:NAKA
「触った物を全てジャンクに変えてしまう」と言う困った特技を持っています。

 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
--/--/-- --:--|スポンサー広告


x-R0016952.jpg
ピストンピンやピストンの裏側に直接オイルを噴射し、冷却させる為の穴を開けました。
参考資料はmyバイブルのモトメンテナンス誌。
サラッと行きます。サラッと・・・


と、思いましたがリクエストがあったので、少しだけ追加。
R0016967k-s.jpg
まず強化オイルポンプを組み込むと、この穴の拡大加工が指示してあります。
キタコは2mm。武川は2.5mm。
(武川は買った事無いけど2.5mmのドリルが付属していると言う事なので、そうだと思う。)
今回はシフトアップの強化オイルポンプ+武川の5枚クラッチキットを使うので、
相当オイル量が増えるはず(計算してないけど・・・)
で、今回は2.5mmで穴を拡大しました。
ちなみに元々は1.5mmです。

で、1枚目2枚目の写真の指で押えてる穴を2.5mmのドリルで延長加工。
クランクベアリングが収まる所が鉄なので、手ごたえが固くなるまで開ければOK。
突き抜けたらアボ~ン。

で、斜めの穴(霧が出ている所。)は1mmで先程の縦穴と繋げる。
パーツクリーナーでやったら霧になったが、本来は水鉄砲ぐらいの勢いだと思う。
この斜め穴を5mmぐらいで開ければ、ヘッドにオイルが行かずアボ~ン。
誰かやってみて~
仕上げに2mmぐらいで座ぐりする。

ノーマルにこの加工をしても、デメリットの方が大きいと思います。 
スポンサーサイト
2007/06/29 17:26|バイクTB:0CM:7

カウントダウン! 

 

ブログランキング 

ランキングにエントリー中。 現在の順位は?

人気blogランキングへ・・・・・にほんブログ村 バイクブログ バイク モータースポーツへ 

携帯からも見れます 

QRcode.png
 

↑QRコードを携帯で読み込んで、アクセスして下さい。

ブログ内検索 

 

Copyright(C) 2007All Rights Reserved.

Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。